ハイスクール球児も大変ですよ。テレビでのあのルックスは飽くまでそれはそれ

高校生野球、甲子園の時季ですね。高校生球児というと一般的なイメージでは素晴らしく通ってますが、ちょくちょく内容にも向かう、暴力やDVが起きてます。でもこれ、僕は氷山の一角であって、ほとんどが大小差がありますが、そういうもんだと思ってるんですよ。高校生の野球部と言ったら、今や体育会系の内輪の体育会繋がりですから。ぐっすり一年生は下部、二年生は平民、三年生は神と言われてますが、実質だ。10代の学生時代の1学年の違いは相当大きいですからね。大人になったら2,3ぐらい同じですが。高校生球児はさわやかで好青年というイメージで浸透してますが、テレビジョンで涙出す見た目はこれはこれであって、裏では後輩に果てしなく汚らしい口で怒鳴ったりしてるだろうし、あくまですこれはほんの一瞬の現実ですからね。そっち、思い違いしちゃってますよね。これは硬い高校生、ない高校生関係なく相性はすごいですよ。だから高校生野球をこの時期に見ていて内容なんかでさわやかですとか列席ヒトが言ってるのを見ると何も分かってないなあと冷めた目で見てますね。http://xn--0-ieu0a0rvb6605c9x2c.xyz

新卒就職を増やしても、その先がないなら無益

朝日新聞の比較で、今年の新卒起用を繰り返すことを検討しているショップが3割に関することがレポートされました。
こういう比較数字を聞いて「若者の就業が生まれる」「若者の人生が安定する」という進め方を抱きつく人間もいるでしょう。
但し、それは進め方が手緩いとしか言えません。
たしかに新卒起用を繰り返すことは若者の就業を一時的に繰り返すことになりますが、その就業が安定していなければ意味がありません。
そうして、現在は新卒起用の未成年をショップが10クラス以後、20クラス以後まで就業できるかは思い付か時となっています。
実に、大手最大手も当たり前のようにお払い箱をする時ですから、将来的には「新卒で入って40フィーでお払い箱」はめずらしくなくなるでしょう。
このように考えると、新卒起用を繰り返すことは単純に将来のお払い箱要員を増やしてあるだけのように思えます。
とっても大事なのは新卒起用を増やすことではなく、辞職まで安心して頑張れる顧客を繰り返すことにあるのではないでしょうか。
新卒起用をいくら増やしても、その先がなければ何の意味もないのです。
新卒起用のその先を見据えたショップのレクレーションを期待したいものです。キレイモ 回数